王国のその後

うっかり妊婦が日々を綴るだけ

2ヶ月

むすめ、4月17日で2ヶ月になりました!パチパチパチパチ。

赤ちゃんとの生活、本当にあっという間すぎます。起きて、オムツ替えて、おっぱい咥えさせて、ミルク作って、飲ませて、ゲップ出して、ベッドにそーっと置いて、哺乳瓶洗って、起きたらオムツ替えて…の繰り返しです。誇張抜きで、まいにちおんなじことばかりしてます。朝から晩まで、むすめむすめむすめ、です。笑

きろくのために、今のことを書いていきます。

 

・あうーがかわいい

むすめ、よくおしゃべりしてくれるようになりました!「あうー」と「あー」がお上手です。たまに、「あうー💢!」も言います。かわい〜いお声なんです。とってもとってもかわいいです。

むすめがあうーとお喋りしてくれたら、「あうー」と返しているのですが、ここ数日、会話が成立(!)することが増えてきました。むすめがあうーと言って、私もあうーと言って、更にむすめからあうーが返ってきます。笑 カーチャンの都合の良い解釈のような気もしますが、やっぱりお話しができるのは楽しいです。3ヶ月目でもっとおしゃべりがお上手になってくれるかな?たのしみです。

 

・むすめ、こぶししゃぶり職人になりました

最近、起きている時間が増えてきて、ひとりで遊んでくれていることがちょくちょくあるのですが、すごい割合で、こぶしをジュパジュパしゃぶってます。こぶししゃぶり職人さんです。

指しゃぶりはカーチャンのお腹の中にいる時からしてましたし、生まれたその日も分娩台の上で人差し指をおいしそうにしゃぶっていたので、指しゃぶり歴はかなりのものだと思うのですが…、最近、こぶしごとしゃぶりにいくのが可愛くて仕方ありません。お口は相変わらず小さいので、こぶしが収まりきってないんです。笑 かわいすぎます。いとおしいです。

 

・カーチャン、綿棒浣腸がこわいです

生後2ヶ月くらいは、成長の過程でどうしても便秘になりやすいらしく…。前までは毎日出ていたのですが、ここへきて、2、3日出ない…という状態になることが増えてきました。出る日は出るんですけどね…。

便秘の基準はだいぶ個人差があるらしく、区の保健師さんからは、お腹が張ってたり、ミルクの飲みが悪くなったら綿棒浣腸してあげてください、と言われたのですが……やっぱり3日も貯めると、出す時に辛そうで見ているこっちが苦しくなってくるので、2日出なかったら綿棒で刺激してあげるようにしています。(くせにならないらしいですし…!)

まさか、赤ちゃんのおしりの穴に…綿棒を突っ込む日が来ることになろうとは。思いませんでした。初の育児、驚きの連続です。

粉ミルクをほほえみからはいはいに変えてみたので、お通じが良くなるといいなぁ。

 

・母乳の呪いにかかりました

もともと、母乳は「出ればいいな〜」くらいのつもりで、ミルクと母乳の混合でやってきていたのですが、周りの家族はみんな完母!なので、まわりから母乳母乳言われて、「もしかして母乳を出さなきゃいけないんじゃないか…!?」と思うようになってしまいました。

産んだらみんなおっぱいが出る物だと思ってたのですが、私はまさかの真っ赤な血が出た(血乳でした。助産師さん曰く、たまーーにいます、とのこと…。)し、おっぱいはめちゃめちゃ吸いにくい形と大きさだし、頑張って飲ませても全然出ないし……、と、色々と難易度が高くなっていたところに、家族からの母乳攻撃だったので、かなり参ってしまいました。

でも、よく考えたら、むすめからしたら、きっと飲めればなんでも良くて、むしろお母さんが毎日ニコニコしててくれるほうが幸せに感じてくれるんじゃないかな、と、最近は思えるようになりました。

だから、一時期は夜間授乳できない(※むすめ、相変わらず夜はぶっ通しで寝続けます。おっぱいなんて吸ってくれません…。)ことで焦ったり、夜間に搾乳しよう!と思っても疲れて起きられなくて、眠りを浅くするために床で寝たりして心がざわざわしてましたが、今はもうすっきりです。

借りれるものの力は最大限に借りて、母乳は寂しい時のおしゃぶり程度くらいの気持ちで、毎日が楽しくなるように過ごしたいと思ってます。

(ちなみに、床で寝てもアラームで起きられない日が何度もありました。わたしもむすめとおなじで、よく寝るタイプなんです…。)

 

そんなこんなで、3ヶ月目が始まりました。そろそろ、ベビーカーでいろんなところに行けたりするかな?たのしみです。3ヶ月目も、むすめがすくすく、たのしく、しあわせに過ごせますように。カーチャンも楽しく過ごしたいと思います!

ではでは。

1ヶ月

いやはや。アカチャンとの生活はあっという間ですなぁ。いつのまにか、1ヶ月を迎えてました。もう1ヶ月と13日めなのですが、後で見返す時用に、ここ1ヶ月のことを書きたいと思います。

 

・むすめかわいい

これに尽きます。本当に可愛いです。新生児期の1ヶ月間はまいにち大きくなっていて、数日前よりずいぶん大きくなった!と、写真を見返して驚くことが多かったです。1ヶ月目の最後の方には、ママの顔をじーっと見つめたり、ママが動いたら目で追ったり(気のせい?)してくれるようになりました。

産む前は、「泣き声で気が滅入ったらどうしよう…」と若干不安だったのですが、思ったより、というか、全然大丈夫でした。月齢が小さいからか、泣き声もかわいいもので、おっぱいを差し出せば静かになってくれる(笑)ので、「泣き止まない…」と悩むこともないです。泣いたら、はなくそちゃんが出てくれるので、かわいそうにならない程度に観察してます。笑

・おっぱいむずかしい

おっぱい、難しいです。母乳メインに寄せていきたいのですが、いまのところやっぱりミルク寄りの混合です。ちょっとずつミルクを減らしてますが…どうなることやら…。(助産師さんごとにアドバイスの方向性が違うので、まあ、それなりにちゃんとやっておけば大丈夫なんかな、と思ってきています。もうだいぶ脂肪ついてきたしね…)

いちおう、最近は、毎日15〜20回は吸わせてます。おかげさまで、乳首が強くなってきました、というか、感覚がなくなってきました。ははは。

おっぱいたくさん出るようになってほしいな〜と祈りつつ、がんばってます。最近ようやく「張る」ということの意味がわかってきました。進歩です。

・お宮参りしてよかった

先日、お宮参りをしてきました。結婚式を挙げた神社に行きました。わたしは母の色無地を着て、むすめはうちの実家の女子が代々着ている着物をかけてもらいました。着付けとか大変だったけど、着物着て本当に良かったです!おっぱいの出があんまり良くないので、長時間の着物にも耐えられました。ただ、さすがに9時間授乳しなかったので、帰宅後はおっぱいが痛くてちょっと辛かったです。その後二日間くらい、右のおっぱいが変な感じでした。なんかちょっとマズい感じだったのかもですね。いまは治ったのでほっとしています…。

いやはや、でも、まさか、結婚式をした一年半後にじぶんの子供を連れて来られるだなんてなぁ…と、感動しちゃいました。人生って何が起きるかわからないですね。ありがたいことだらけです。

 

そんなかんじで、日々、むすめ100%の生活を送っています。寝ても覚めてもむすめのことでいっぱいです。この1ヶ月強で、アイホンのアルバム内がむすめの写真だらけになりました。待ち受けも、むすめの写真です。(夫もむすめの写真にしててびっくりしました。予想通りの溺愛っぷりです。)

1ヶ月検診も無事にクリアできたので、2ヶ月目も楽しく過ごしたいと思ってます。産後クライシス的な諸々は無いと言えば嘘になりますが、でも、なんだかんだで仲良く楽しくやれてます。ありがたいことです。

明日も楽しく過ごすぞー。ではでは、おやすみなさい〜

20日

いやはや。妊娠中は時間がたくさんあり、毎日日記を書く余裕がありましたが、産後はすさまじいですね。毎日が光の速さで過ぎ去っていきます。今が何日で、何曜日で、何時なのか、まったく気にできずに、その瞬間瞬間を生きるのに&生かすのに必死です。笑

むすめを出産して、今日で20日目とのことです。むすめの体重はペットボトル一本分くらい増えてきました。どんどんお顔が赤ちゃんになってきていて、愛おしさが止まりません。生まれたばかりのお顔がパンパンに腫れたむすめも可愛かったですけどね。へへ。

いま、自分の腕の中で寝ている小さな生き物が、20日前まではお腹の中にいただなんて、いまだに信じられないです。ちゃんと出てきてくれて、ちゃんとおなかの外の生活に順応してきてくれていて、むすめは本当にすごいなぁ、と思います。すごいし、かわいいし、凄まじい存在です、本当。

一方のカーチャンはというと、おっぱいと、(むすめの)おしりと、(むすめの)うんちのことばかり考えています。

おっぱいは、相変わらず混合です。毎回とりあえずおっぱいあげて→ミルク100ml飲ませて…というかんじなのですが、いつになったら完全母乳になれるかなぁ。もしかして、ずっと混合かもなぁ…、と思い始めています。まあどうせ一年後には保育園に入らざるを得ない(泣)し、夫に預けたい日もあるので、まったりゆったり、母乳メインに移行していきたいな、と思っています。あんまり頑張りすぎても大変だから、マイペースにたのしみます。(哺乳瓶でミルクを飲むときのおててがかわいいんですよ〜。ラッコみたいで…)

おしりは、一番高いおむつにして、おむつ替えのたびに、おまた〜おしりにワセリンを塗るようになったら荒れなくなりました。高いけど、新生児サイズのうちは高級おむつかな。むすめのおしりの皮が厚くなるまで、カーチャンは金をかけますぞ〜

うんちは、母乳も挟んでいるからか、いまのところは大丈夫そうです。便秘になったら可哀想なので…。うんちが出たら、いっぱい褒めてます。深夜でも!笑

深夜といえば、深夜にむすめが空腹で泣いててもあんまり起きられないのが最近の悩みです。妊娠中は眠りが浅い感じだったのですが、最近はぐっっすり眠ってしまいます。(そして、夫に起こされます。笑)疲れてるのかなぁ。う〜ん。お昼寝多めで夜に備えたい……のですが、昼は昼であんまり寝られないしな〜。うーむ。

わ、だいぶ長く書いてしまいました。焼き芋が焼けたので食べてきます。ではでは!

40-1&40-2〜うまれました!〜

だいぶ日記をサボってしまいました…。というのも、実は、40週2日の2月17日に、娘ちゃんが無事生まれましたー!!!!!

トツキトオカっていいますけど、本当に約トツキトオカで出てきてくれました。娘ちゃん、なんでわかったの?すごいね、きみ…!!!

生まれてみたら、3006gの程よい大きさの赤ちゃんでした。大きすぎたら出られないと言われていたので、ぶじ出て来られる大きさで生まれてきてくれて、本当に良かったです。

いまは病院から退院して、産後ケアの助産院でお世話になっています。娘ちゃんがかわいくてかわいくて、目の中に入れても痛くないというのはまさにこのことなんだなと思いながら、過ごしてます。笑

 

さてさて。わすれないうちに、40-1と40-2の思い出を記しておきます。

<40週1日> 2月16日

いい天気の日でしたが、朝から腰〜足がダル重く、ひさしぶりに軽めの生理痛のような痛みがありました。前日に内診をしたし、そのあと16000歩くらい歩いたから、足が疲れちゃったのかな〜と考えながらも、なんだか今日は散歩する気分じゃないなぁ、と思い、インドカレーを出前しました。(美味しかった)

インドカレーを待っていたらおなかが痛くなってきたので間隔を測るも不規則。また前駆陣痛かぁ〜、娘ちゃん気合入ってんねぇ〜と思いながら面倒になり間隔を測るのを諦め、お昼寝。

目が覚めたら夜だったので、チキンオーバーライスを買って食べました。美味しかったです。ただ、食べながら、前駆陣痛おさまらないな〜と思ってました。まだ全然痛みは我慢できるレベルでした。

 

<40週2日> 2月17日

夜ご飯を食べ、お風呂に入るころには痛みの強さが増していました。帰ってきた夫と一緒に聖闘士星矢を見ながら間隔を測ると、ちょうど4分間隔で1分持続。はじめての規則的な痛みに感動しながら、痛みも数時間前と比べれば強くなってきていた(とはいえまだ生理痛より重い程度)ので、病院へ電話。

とりあえず来てくださいとのことで夫に車を出して貰い、深夜1時頃病院着。検尿体重測定ののち、NSTっぽいのを装着してもらう。このころには結構痛くなっていた。(スルーして眠れないな、くらい)

1時間ほど滞在し、「このまま病院にいてもリラックスできなくて陣痛にならなさそうなので家に帰って寝てください。歩けなくなったり喋れなくなったりするくらい痛くなったらまた連絡くださいね!」と言われる。あぁ、これが噂の一旦家に帰されるやつか…と思いながら、タクシーで帰宅。寝る間際だった夫に慰められながら就寝。

まあまあ痛かったけど、痛く無い時には携帯もいじれるくらいで、気づいたら2、3時間寝てました。朝になり、6時くらいからまた痛みで眠れなくなり、徐々に痛みが増してきて痛みの間隔を測定する余裕もなくなり、7時半、病院へ電話。声のトーンから察してくれたのか、病院に来ていいと指示をもらう。

陣痛タクシーを事前登録していたので、タクシー自体はすぐに来てくれて本当に助かりました。この時点で、床に座り込んで痛いよーと弱音を吐く程度にかなり痛かったです。

タクシーに乗ったはいいものの、開かずの踏切にひっかかり、大幅に遅れて病院到着。途中、お腹が痛すぎて深呼吸で流すことに必死。(区の母親学級で学んだ知識が役に立ちました…!!)

病院に着いたら、タクシーの運転手さんから心配されるほどの痛がり方に!笑 なんとか病棟へ向かいました。(そういえば、あの痛みの中でどうやって病棟までたどり着いたのか覚えてない…)

病棟では、お小水を出す様に言われるが、痛すぎて何も出ない。びっくり。それどころか、便座に座っていられない、痛すぎて!

「おしょうすいでないです〜」と助産師さんに泣きつき、押し寄せる痛みの中で入院セットの説明を受け(ほぼ聞いてませんでしたごめんなさい…)、出産用の服にお着替え。子宮口はこの時点でまだ3cm。全然変わってないじゃん…とプチ絶望。

そのあとはもうひたすら痛みに耐え…耐え…。波が来た時に頭の毛をワッシャー!って掴んで耐えてたので、今更ですが、だいぶ抜けてしまったんじゃないかと心配です。

途中から、痛いだけじゃなくて、何かが出てくる感じがあって、助産師さんから「いきまないよ〜!」ってアドバイスをもらうんだけど、普通に無理すぎていきんでしまう。あれがいままで謎だった「いきみたくなるかんじ」なんだなぁと今思えば納得。あれです、例えるなら、猛烈な便意を耐えろと言われる感じです。無理です。

「いきまないのむりです〜」「これって痛み止めとか無いですよね〜」とか弱音を吐きながら、痛みに耐えるも、助産師さんから「お産をすすめるために歩きましょう!」という恐ろしい提案が。普通に無理すぎて「むりです〜」と泣きついたところ、陣痛用の椅子を持ってきてくれました。これでユラユラしてください!とのことだったのですが、もちろんユラユラできるはずもなく、間隔が短くなってきた激ヤバの波(激おなかいたい→激便意っぽいの来る)をひたすら耐える。

13時半、助産師さんが子宮口チェックをしてくれ、「全開ですね」とのこと。キターーーー!

分娩台に移動しましょう!と言われ、嬉しすぎて陣痛の合間に小走りで分娩台へ。

そこからは、数日前に見ていたサンシャイン池崎流いきみ(ネットの評判は本当でした。ありがとうございますサンシャイン池崎様…)で30分も経たないうちに破水からの出産!生まれてすぐ、「ほきゃ…」と声がして本当に嬉しかった。

頭を出すときの感覚は、おおきなおおきなおおきなうんちを出すようなものでした。肩を出す時はひたすら違和感。痛かった。そのあとはドゥルンと出てきました。

娘は羊水の中でうんちをしてしまっていたらしく、それを吸い込んでいたので、生まれたあとすぐにお口を吸引されてました。でも、少量だったので問題なかったようです。

そのあとは、胎盤が出てきて(まあまあ痛かった気がしなくもない、覚えてない)、いつのまにか切開されていたお股を縫われて(本当に痛かった)、お腹に冷たい袋を載せられて、3時間分娩台の上でぼーーーっと過ごしました。

産後2時間以内に到着できた場合のみ、夫が面会できることになってたのですが、夫に連絡したら急いで仕事切り上げて出てきてくれ、面会も間に合いました。(「今日、いい日だから!」と、宝くじを買ってから来たのは笑ったけど…)

生まれたてホヤホヤの赤ちゃんを夫に抱っこしてもらえて、とっても嬉しかったです。夫が泣いてる姿、そういえばはじめて見たなぁ。

その後は、病室に歩いて帰って、初日のみ母子別室、翌日からは母子同室でした。

 

いやはや、そんなかんじで、出産できました。

案ずるより産むが易しって言いますけど、絶対案ずる方が易しだと思います。笑 結果的に6時間半の安産でしたが、出血も1リットルくらいしたし、実は切開創が離開してもう一回縫い直したし(これのおかげで産後1週間経ったいまでもまともに歩けません(;o;))、もー、ボロボロです。自然分娩は、もういいかな。笑

でも、娘が可愛くて仕方がないので、辛い思い出も吹っ飛びました。本当に可愛くて可愛くて仕方がないです。

これから、ちゃんとしたママになれるように、がんばりたいと思います。(まずはお股のキズが治ってくれ〜!!歩けないし座れないよ〜!!!)

 

だいぶ長い日記を書いてしまいました。でも、育児で疲れたときにこの記事を見れば、また頑張れる気がするので、書けてよかったです。

ながながとでしたが、読んでくださってありがとうございました!これからこのブログ、どうしようかな…。

ではでは!

40-0

いやはや。昨日(40-0)は爆睡でした。ちょこちょこ起きながら、トータル9時間くらい、久しぶりに寝ました。(でもまだ寝られそうなくらい、眠いです)遅刻してますが、昨日のことを書きます(´∀`)

昨日は1週間ぶりの健診でした!毎回恒例の内診→NSTだったのですが、もう、内診が痛くて痛くて(;o;)本当に痛くて、先週の内診も痛かったのですが、それより遥かに痛かったです。これが噂の、内診グリグリってやつですね…。

子宮口は相変わらず3cmちょい、がんばれば4cmいけるかも?位とのことです。私は37週の時点から、子宮口を3cm開けながら過ごし続けているのですねぇ…。最初、3cmって聞いた時は「すぐ生まれちゃうのでは!?」と思っていたのですが、全然違いました。う〜ん…。

内診が痛過ぎて、その後のNSTで私が暑くなってしまい、アカチャンの心拍が180くらいまで上がり、アラームが三回くらい鳴りました…。(こんなに痛みに弱くて、出産できるのか不安すぎます。まあ産むしかないんですけど…。)

カーチャンが脱水気味だと、アカチャンがドキドキしてしまうみたいです。たしかに、お水は意識してたくさん飲んでなかったなぁ…。一日、最低でも1.5リットルは飲んでくださいね!と助産師さんにアドバイスをもらったので、今後気をつけます…。

NSTを(横になったまま水を1リットルくらい飲みつつ、)1時間くらいしてもらったあとは、先生の診察でした。アカチャンは2800gくらいになってくれているみたいです!だいぶ大きくなりました。いまならまだ出て来られそうですね!いい感じです。

そして、エコー中は、はじめて指しゃぶりの姿を見せてくれました!右手の人差し指を器用にしゃぶってました。カーチャンは内診からのNSTでぐったりだったのですが、アカチャンはだいぶマイペースさんでした。笑 元気そうでほっとしました。

それにしても、人差し指派、面白いですねぇ。赤ちゃんの指しゃぶりって、親指なイメージがないですか?人差し指って…、おもしろい…笑

その後、今後のことについて先生からお話しがありました。1週間後までに生まれなければ、レントゲンを撮って、誘発分娩とのことです。どうなるかな〜。マイペースちゃんな気がするので、まだまだ、生まれなさそうですねぇ。

11ヶ月目は、アカチャンがくれた人生の夏休みのアディショナルタイムだと思って、まったり過ごしたいと思います( ´ ▽ ` )もうここまできたら好きなだけお腹の中に居てくれて良いですよ〜

ではでは。

39-6

ぐぬぬ、遂に今日は39週目の最終日…、明日は予定日です…!!!

先生からは、38週か39週で産みたいねと言われていたのですが…、マイペースなアカチャンは、まだカーチャンのお腹の中を満喫中です。笑

明日、健診なのですが、前回の健診で「予定日までに生まれていなかったら、今後のことについて話しましょう」という怖い前振りをされてしまっているので、すこし恐ろしいです。今後のこと…とは…(;o;)

まあでも、どんなことになっても、アカチャンが元気に生まれてきてくれれば、カーチャンはそれでオッケーです。いろいろ、がんばります。押忍。(問題は、受診券がもう尽きていて、外来受診の負担額が毎回1万円を超えてしまうことです…。ひぃ。たすけて〜。)

さてさて、今日は13000歩くらいお散歩をしました。新ルートで、お寺まで行ってみました。もうこうなったら神さまでも仏さまでも、どなたさまでもいい(!)ので、無事に産ませてください!とお願いをしてしまいます。はぁ〜、出産、どきどきするなぁ〜。どうなるんだろうなぁ〜。安産だといいなぁ〜。と思いつつ、歩きまくりました。笑

今日はバレンタインデーですね。毎年、夫へのチョコは買って済ませているのですが、今年は催事場に行けなかったので、手作りです。ガトーショコラ、美味しく作れました。(自分が食べたいだけ、とも言います。自分で作るといっぱい食べられて良いですね!笑)

また、体重を増やしそうですね…。ではでは、おやすみなさい〜

39-5

今日は雪予報でしたが、雪、降ったんでしょうか…。私が窓から見ている限りでは、ずっと雨だった気がします…。明日、路面凍結とかしないといいのですが…。

さてさて、今日は母が最寄り駅まで来てくれたので、一緒にランチを食べました。焼肉です!(焼肉を食べると陣痛が来るというジンクスがあるみたいですね…。わたし、結構焼肉食べてますが、一向に陣痛がこないので、う〜ん…笑)

食後は、落ち着けるカフェでホットケーキをたべました。美味しかった〜。だいぶお腹いっぱいになりました。

前回、2週間前に母と会ったのですが、そのときに「次に会える時にはアカチャン連れだろうから落ち着いてランチもできないねぇ」と話していました。が、まさか2週間後も普通にランチができる未来があったとは!笑

今日も美味しいものをたくさん食べられて楽しかったので、チャンスをくれたマイペースなアカチャンに感謝です。

みんなから「いつ生まれるの?」と圧をかけられているアカチャンですが、母だけは「好きなだけお腹にいさせてあげて〜!」と言っています。優しいです。

考えてみると、これまで母から「こうあるべき」とか「こうすべき」とか言われたことがあまり無い気がします。

大学受験のやる気が無さすぎた大学時代、オープンキャンパスの参加ノルマが高校から課されていて、友達とノリで声優の専門学校のオープンキャンパスに行った(笑)あと、家に入学案内が届いてしまったときも、「声優目指したいなら目指していいんだよ!」と言われたことがありました。(当時の将来の夢は、公務員でした。)

私もそのくらい、子供の意思を尊重できる親になりたいです。目指すお手本が近くにいるのはありがたいことですね。母は偉大です。

ではでは、おやすみなさい〜